• ホーム
  • カンジダの発症には注意しましょう

カンジダの発症には注意しましょう

性器が痒くて夜も眠れなかったり、おりものの量が増加したり異臭がする時には、カンジダを発症している可能性を疑う必要があります。
その痒みを放置していると排尿時の痛みが増加して、立っているのも辛いほどに症状が悪化してしまう場合もあるためです。
性器の痒みが長期的に続くようであれば、すでに病気を発症している可能性を疑って、すぐにでも医師の診察を受けておく事を推奨します。

女性だけでなく男性も発症する可能性がある病気で、男性の場合は排尿時の強い痛みを感じやすいです。
股間が包茎だという人ほど発症する確率は高くなり、再発の可能性もありえるので股間を清潔に保っておく必要があります。
女性の場合は自覚症状の一つとして、おりものの変化があるのですが、そこまで分かりやすい自覚症状が出ない事も珍しくありません。
薄く白く濁った半固形のおりものが出てきた際にはカンジタの発症が疑われます。

砂糖のような単純糖質の過剰摂取によって症状が悪化する、腸カンジタなどの病気もあり、腸カンジタを治療していない事が原因で膣カンジタが再発する事も多いです。
全身のケアを考えておかなければ再発しやすい病気だからこそ、普段から健康的な生活を心がけていない人ほど、症状が悪化しやすくなってしまいます。
抗生物質での治療をすぐにでも始めて、再発を防ぐ事を心がけてください。

カンジダ菌や白癬菌が原因による皮膚疾患は、抗真菌薬剤を使った治療を行う事になり、長期的に治療が続く場合もあります。
他人に感染してしまう可能性もある病気ですから、性行為を楽しむ際にもコンドームを着けるだけでなく、陰毛の周囲を清潔に保っておく事も重要です。
股間を丁寧に洗えていないと、陰毛に付着している菌がパートナーに感染してしまい、パートナーも病気に苦しむ事になりかねません。
普段から甘いものを食べすぎていたり、免疫状態が良くなくて体力低下に悩まされている人ほど感染のリスクは上がってきますから、清潔な状態を保つだけでなく食生活の改善も心がける必要があります。

腸カンジタの原因と症状について

カンジダは甘いものが好きで砂糖や単純糖質の過剰摂取を続けていると免疫状態が悪くなり、発症する可能性が高くなっていきます。
他にも抗生物質の長期投与、生活習慣や食生活の乱れやストレスや疲労などから来る体力低下でも菌が大量増殖しやすくなっています。

腸カンジタは白癬菌が原因で水虫が発症するメカニズムとは異なります。
カンジダの菌糸が腸粘膜を突き破るとリーキーガット症候群を起こしてしまいます。
このリーキーガット症候群になってしまうと本来なら体内の防御力によって取り込まれるはずのない物質の侵入を許してしまい、炎症やアレルギー反応を起こしてしまいます。
さらに、その菌は体内でアセトアルデヒドを生成してそれが腸管から血液に流れるために肝臓に大きな負担をかけてしまいます。
肝臓に負担がかかっても一定量までは処理してくれますが、その処理する能力を超えてしまうと全身にカンジタ症状が発症するのです。
このため腸カンジタは全身カンジタ症とも呼ばれていますが、気づきにくいために発見は難しくなっています。
そして腸で増殖した菌は簡単に腸から出て行ってはくれないので、そこから膣カンジダを再発する可能性は高くなってしまいます。

この菌は常在菌として体内に元々いる菌なので増殖しなければ特に問題は無いのですが、体内の善玉菌が減少すると増殖しやすくなり、一定量を超えてしまうと爆発的に増殖して体に悪影響を与えます。
カンジダは圧倒的に女性に発症しやすいので、大量増殖すると男性がコンドームを使って性行為をしても膣の周辺部と接触した部分から体内に侵入されてしまい、男性でもカンジダになる可能性は十分に有ります。
特に性器から腸に侵入されるとうつや倦怠感といった全身症状を引き起こしてしまうため、女性がやたらと膣やその周辺部に痒みを感じていたり、膣を触った時などに痛がったりしているときは注意しましょう。
カンジダになっている可能性が有るので、その場合は性行為を中止して女性にも検査を受けるように促して下さい。
そして膣カンジダが頻繁に再発する人は腸でも発症しているかもしれないので、同時に腸も検査しておいて下さい。