• ホーム
  • トリコモナスの特徴はおりものの異常

トリコモナスの特徴はおりものの異常

性病の一つにトリコモナスという病気があります。
これは、トリコモナス原虫の寄生によって起こるもので、膣に炎症をおこします。
進行すると膣だけでなく、尿道や膀胱まで感染が広がり、尿道炎や膀胱炎、外陰炎などを引き起こすことも少なくありません。

性行為によって感染することが多く、その症状は男性と女性には違いがあります。
男性は、トリコモナスに感染しても自覚症状がない、もしくは軽度であることが多いです。
そのため気づかずに相手に感染させてしまうこともあり、それが感染拡大になってしまうこともあります。
女性がトリコモナスに感染すると、陰部周辺のかゆみや違和感、オリモノの異常などが起こります。
男性と女性の症状の違いは、性器の構造の違いがあげられます。
男性は原因菌の影響を受けにくい性器の構造になっているのです。
そのため発症率も女性の方が高くなります。

女性がトリコモナスに感染するとかゆみ、痛み、腫れ、ただれなども引き起こします。
そして膣内の発熱感まで感じて不快感が強くなります。
また、排尿時や性交時の痛みも感じ、オリモノの変化で目で確認することが出来ます。
オリモノの量は増加し、臭いが非常に強くなります。
不快感のある悪臭に加え、色の変化もみられるようになります。
トリコモナスに感染している時のオリモノは、黄色や黄緑色になり泡立っている状態のものが排出されるのです。

トリコモナスの治療にはメトロニダゾールが使用されることが多いです。
メトロニダゾールは、トリコモナス原虫を殺虫的に作用する働きがあります。
通常10日ほど飲み続けて再度検査をして治っていれば治療は終了です。
トリコモナスを始め、様々な性病に感染しないようにするには、コンドームを使った正しい性交を心がけることやパートナーとの間でそういった知識を共有することも大切です。
そして、体の免疫力を低下させないように、正しい食生活、適度な運動、良質な睡眠をとりストレスを溜めすぎない生活をすることも必要です。

男性がトリコモナスに感染するとどうなる?

男性のトリコモナスの症状の発症率は女性に比べると低いため、ほとんどの場合が自覚症状もなく放置してしまうケースが多くあります。
女性の場合、トリコモナスに感染するとすぐに痒みやオリモノの色の変化や増加、違和感、膣からの悪臭などの症状が出てくるのですが、男性の場合は3週間前後で症状が現れる場合もあります。
男性のトリコモナスの症状には、尿道から膿のような分泌液が出て来たり、排尿痛や頻尿の症状が出てくる場合もあるでしょう。
また、性器が痒くなったり灼熱感を感じることもあります。

女性が原虫に感染するとトリコモナス膣炎と診断されますが男性の場合、尿道炎の症状が出るため非淋菌尿道炎と病院で診断されます。
トリコモナス原虫に感染しても症状の出にくい男性は治療せずにそのまま放置してしまうリスクも高くなります。
治療をせずにいると体内でトリコモナス原虫が寄生し続けているので将来、発症、感染するリスクも高まります。
寄生した状態で性交すると簡単にパートナーに感染させてしまいます。
また排尿時の痛みや頻尿をそのままにしておくと前立腺炎になってしまう場合もありますので注意しましょう。

男性の場合、病院での治療法はメトロニダゾールという内服薬を1週間から10日間服用します。
女性の場合は膣洗浄や内服薬・外用薬を使用しなければならないのに対し、男性の場合は薬の服用だけで済みますので簡単に治療をすることが出来ます。
治療期間中は水があると原虫が感染しますので、プールや銭湯、温泉にはいかないこと、飲酒を避けること、患部を清潔に保ち、性行為は完治するまで絶対に禁止です。
パートナーが感染している可能性も高いので、パートナーと一緒に病院へ行くのが一番です。

人気記事一覧